JCASイメージ画像

地域研究イベント情報

 地域研究に関するワークショップやシンポジウム等の研究集会、一般講演やセミナー、その他各種イベント情報を広く掲載します。

最新の記事

タイトル 第26回 地域文化研究専攻主催 公開シンポジウム『移民と人権』
開催場所 東京大学駒場Ⅰキャンパス 18号館ホール(目黒区駒場3-8-1)
開催時期 2018 年 06 月 30 日 14 時 00 分 から 2018 年 06 月 30 日 17 時 30 分 まで
概要  世界はいま難民や移民の悲痛な叫びにあふれています。シリア難民、ロヒンギャ難民が深刻な状況にある一方で、欧州連合からのイギリスの離脱、トランプ政権による移民排斥の顕著な動きがあり、難民の受け入れへの不満や移民への排斥感情は日に日に高まってきています。アメリカ合衆国では、黒人への警官の暴行に端を発する抗議行動が激しさを増しています。恐怖と欠乏から逃れようとして移動する人々、不当な差別や迫害に苦しむ人々、彼らを救うためにいま、わたしたちは「人権」や「正義」とどのように向かい合えばよいのでしょうか。
 本シンポジウムでは、アジア、ヨーロッパ、アメリカの各地域の専門研究者からの個別報告と、ロシアおよびラテンアメリカを専門とする研究者からのコメントを通じて、地域横断的・学際的な議論を行います。「移民と人権」を共通テーマに、異なる地域の異なるディシプリンの報告をつきあわせることで、問題を多面的に掘り下げ、よりよく理解していく道を探ります。会場からのご質問、ご意見も歓迎します。移民研究や地域文化研究に興味のある方はもとより、専門的なことはまだよく分からないが…という方々も遠慮なくご参加ください。

タイトル 『非戦・対話・NGO』出版記念イベント第2弾 二〇一七年度国際ボランティア学会隅谷三喜男賞受賞記念 HISENについて自由に語ってみよう ~ボランティア・平和・対話 ~
開催場所 聖心グローバルプラザ3階 ブリットホール (聖心女子大学4号館、地下鉄広尾駅4番出口から徒歩1分)
開催時期 2018 年 06 月 22 日 19 時 00 分 から 2018 年 06 月 22 日 21 時 00 分 まで
概要 ボランティア活動は、地域おこし、社会福祉から国際協力の分野まで多岐にわたっています。なかでも2020TOKYOオリンピック・パラリンピックを2年後にひかえ、今後ますますボランティアの活動は広がり、また注目も浴びることになるでしょう。他方で、ボランティアについては、「無償での奉仕」、「一時的な活動」など限定的かつ誤解を招くようなイメージとしてとらわれてしまう側面もあります。
 私たちはボランティアを「自発的に行動する市民」の意として位置づけています。紛争、災害、環境破壊、貧困問題等々、地球的な規模で日々深刻化する課題には政治や経済に深く関わる構造的な問題が見え隠れします。ボランティア精神はこれらの問題についてどのように向き合えばよいのでしょうか。 今回のトーク企画は、あえてボランティアと(脱)政治性について考える場を作ってみることにしました。NGOの分野に長年携わってきた私たちは「非戦からHISENへ」というキャッチフレーズのもと、なぜ、平和という言葉は親しみやすいけれど反戦や非戦についてはちょっとだけ距離感を抱くのか?なぜ、ボランティアが注目を浴びながらも社会運動が敬遠されるのか?なぜ、私たちの暮らしに関わる政治問題について沈黙してしまうのか?などについて異なる立場、異なる世代の人びとの対話を模索してみたいと思います。
タイトル シンポジウム・上映会「喪失の中の祈りと覚悟――映画が映す東南アジアの内戦・テロと震災・津波」
開催場所 国際交流基金 ホール[さくら](東京都新宿区四谷4-4-1)
開催時期 2018 年 05 月 18 日 13 時 45 分 から 2018 年 05 月 18 日 20 時 30 分 まで
概要 東南アジア地域には、テロや内戦、災害など、突然大切なものや人を失ってしまう経験をしている人々がいます。
今回のシンポジウム・参考上映会では、これらの災難やそれによる人々の喪失について考える、東南アジア地域研究者によるシンポジウムと、インドネシア・東ティモールを主な舞台とした映画の参考上映を行います。
予期せぬ突然の災難を経験した人々や社会が、それによる喪失をどのように受け止め、再び立ち上がっていこうとしているのかを考えます。
タイトル Web講義「CRN-AP Campfire #1: Q&A with Critical Realists in the UK (批判的実在論: 英国における第一線の研究者が疑問に答えます」
開催場所 クリティカル・リアリズム・ネットワーク-アジア太平洋(CRN-AP)Webサイト上:
https://critrealap.net/crn-ap-campfire-1-qa-with-critical-realists-in-the-uk/
開催時期 2018 年 05 月 18 日 22 時 00 分 から 2018 年 05 月 24 日 19 時 30 分 まで
概要 社会理論、モラルエコノミー、ソーシャル・モルフォジェネシス、エシカル・ライフ、構造-エージェンシー論争、政治経済学、科学哲学、社会的存在論が気になっているみなさん。英国を代表する4人のクリティカル・リアリストが、アジア太平洋地域の研究者と学生の質問に答えます。
タイトル 第17回ラテンアメリカ教養講座「ダンス! ¡Danza! Dança!」
開催場所 京都外国語大学国際交流会館7階インターナショナルホール
開催時期 2018 年 06 月 06 日 18 時 00 分 から 2018 年 07 月 04 日 19 時 10 分 まで
概要  ラテンアメリカはインカ、アステカ、マヤなどの文化遺産、文学・詩や絵画、音楽などの芸術表現、食文化、織物・工芸などの魅力的で豊かな文化と伝統を有す地域です。なかでも日本人にとって親しみ深いのが、ラテンアメリカ起源のダンスです。今回の教養講座ではそのなかからブラジルのサンバ、カポエイラ、アルゼンチンのタンゴ、キューバ起源のルンバ、チャチャチャなどにスペインのフラメンコを加えて、それぞれの歴史的起源、普及の時代的背景、変容過程などを紹介し、またどのようなダンスなのかをデモンストレーションするとともに来場者の方にも少し実技体験していただこうと企画しました。