JCASイメージ画像

学術成果公開シンポジウム 震災復興における民俗芸能の役割と継承

主催・共催・その他 主催:東北大学災害科学国際研究所・郡山女子大学
共催:東北大学東北アジア研究センター
後援:福島県、郡山市、福島民報社、福島民友新聞社、福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、ラジオ福島、エフエム福島
種類 研究集会
対象分野 社会・文化(宗教,民族,ジェンダー,移民),歴史・地理・建築,戦争・平和・災害・開発
対象地域 日本
開催地方 東北
開催場所(詳細) 郡山女子大学芸術館
開催時期 2018 年 02 月 10 日 14 時 00 分 から 2018 年 02 月 10 日 17 時 00 分 まで
プログラム 趣旨説明:フィールド災害人文学をめぐって 高倉浩樹(東北大学)
第一部 福島県の民俗芸能
話者1:民俗芸能の復興力-田植え踊りを事例に一柳智子(郡山女子大学短期大学部)
話者2:震災時における民俗芸能の力 宮口勝美(浪江町副町長・室原郷土芸能保存会)

第二部 民俗芸能と防災・震災復興
報告3 文化財化する地域文化 小谷竜介(東北歴史博物館)
報告4 無形文化遺産の防災という考え方 久保田裕道(東京文化財研究所)

総合討論
コメンテーター:何燕生(郡山女子大学短期大学部)・木村敏明(東北大学)
司会 山口睦(山口大学)
概要 東日本大震災の復興過程で特徴的だったのは、医療や土木インフラ・雇用などの問題に加えて、地域社会における民俗芸能や祭礼などの復旧、復興期における役割が注目されたことである。本シンポジウムの目的は、被災者の日常的な暮らしの復興に対し、地域社会に伝わってきた文化が果たす役割を明らかにすることである。震災後の復興事業として文化財調査に関わった研究者や民俗芸能保存団体の活動を振りかえながら、なぜ民俗芸能が復興に寄与することができるのか考える。そして今後どのようにそれらを次の世代に繋げていくべきなのかについても検討したい。なお、本企画は『震災後の地域文化と被災者の民族誌−−フィールド災害人文学の構築にむけて』(高倉浩樹・山口睦編、新泉社)出版記念するものである。
参加費 無料
対象 研究者、学生、一般
言語 日本語
連絡先 会場について:一柳智子(郡山女子大学)t.ueno(at)koriyama-kgc.ac.jp
内容について:大石侑香(東北大学)yuka.oishi.d3(at)tohoku.ac.jp
※atを@にして送信下さい。
URL -
その他 東北大学災害科学世界トップレベル研究拠点関連事業