JCASイメージ画像

ハーバード大学名誉教授エズラ・ヴォーゲル出版記念シンポジウム『アメリカから見た日米中関係』

主催・共催・その他 主催:愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)
共催:中日新聞社、ハーバード大学日米関係プログラム
種類 一般向け講演会
対象分野 国際関係
対象地域 日本,東アジア,アメリカ合衆国
開催地方 海外・その他
開催場所(詳細) オンライン開催(Zoomビデオウェビナー)
開催時期 2021 年 10 月 09 日 09 時 00 分 から 2021 年 10 月 09 日 12 時 30 分 まで
プログラム ◆開会の挨拶
 川井伸一
(愛知大学理事長・学長)
 鈴木孝昌
(中日新聞・東京新聞 取締役)
 クリスティーナ・L. デイビス(Christina L. Davis)
(ハーバード大学日米関係プログラム所長)

◆ビデオ上映 

◆趣旨説明と解題 
 李春利
(愛知大学国際中国学研究センター所長)
 
◆基調講演 
 クリスティーナ・L. デイビス(Christina L. Davis)
(ハーバード大学日米関係プログラム所長)
「東アジア貿易における競争と協力」

◆特別講演 
 スティーヴン・K.ヴォ―ゲル(Steven K. Vogel)
(カリフォルニア大学バークレー校政治学部教授)
「日米中マーケットデザインの比較研究」

◆パネルディスカッション
 パネリスト:
 ・クリスティーナ・L. デイビス
 ・スティーヴン・K.ヴォ―ゲル
 ・鈴木孝昌
 ・佐藤元彦(愛知大学国際問題研究所所長)
 モデレーター:李春利
概要 1979年に発行されたベストセラー『ジャパン・アズ・ナンバーワン』の著者として有名なハーバード大学名誉教授エズラ・ヴォーゲルは、中国や日本など東アジア関係の研究に従事した社会学者です。愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)は、彼が愛知大学で行った生前最後の講演を収録した『エズラ・ヴォーゲル最後の授業ー永遠の隣人ー』を今年8月に特別出版したことを記念して、アメリカから見た日米中関係をテーマとするシンポジウムを日米3か所で同時開催いたします。
参加費 無料
対象 一般
言語 日本語,英語(通訳あり)
連絡先 愛知大学国際中国学研究センター(ICCS)事務室
iccs-event@ml.aichi-u.ac.jp
URL https://iccs.aichi-u.ac.jp/event/entry-4808.html
その他 申込必要【先着順500名まで】

https://iccs.aichi-u.ac.jp/event/entry-4808.html

にてお申込みください
(定員が満席となった場合はその時点で受付終了となります)

申込締切:2021年10月6日(水)まで
※事前・事後の配布資料はございません