JCASイメージ画像

共同企画研究プログラム

共同企画研究は、JCASの加盟組織どうしが共同で企画・実施する研究企画を支援するプログラムです。地域研究の研究対象は実に多様であり、そのことを反映して地域研究に携わる機関も多様です。JCASの加盟組織は、それぞれが専門とする分野で地域研究の成果を蓄積してきただけでなく、所蔵資料・データベースや研究・教育施設など、機関ごとに他に見られない特徴を備えています。JCASでは、これらの所蔵資料やデータベースを共有化し、研究・教育施設を共同で利用することにより、加盟組織を横断して行われる研究を試みてきました。さらに多くの加盟組織を巻き込んだ共同研究を促進するため、複数の加盟組織が共同で企画実施する研究企画を支援します。

※2015年度の募集はありません/募集要項(2014年度・募集)

■ 募集内容
JCAS加盟組織どうしが共同で企画実施する研究企画支援、助成します。
(企画実施する加盟組織の1つが学会である場合には「学会連携プログラム」に応募して下さい。)

助成額40万円(上限) 採択予定数1件
共催組織:京都大学地域研究統合情報センター

■ 実施の条件
・ 2014年度内に実施してください。
・ 実施にあたっては、地域研究コンソーシアムの「共同企画研究プログラム」によるものであることと、共催組織・プロジェクト名を明示してください。
・ 実施後は、地域研究コンソーシアム事務局に実施報告(800~1200字および写真数点)を提出してください。この報告は地域研究コンソーシアムや各共催組織の広報媒体に掲載します。また、企画責任者には年次集会で実施内容について報告していただきます。

■ 応募資格
・ 複数のJCAS加盟組織による共同企画であること。それぞれの加盟組織の長所をあわせることで研究の広がりや深みが増す企画を優先します。
・ 企画責任者は共同企画に関わる加盟組織のいずれかに所属する人とします。応募時点で組織の合意を取り付けておく必要はありませんが、採択されたら所属組織(部局、研究科など)の長の承諾印を提出してください。
・ 共同企画の相手が見つからない場合はJCAS事務局に相談してください。(JCASが共同企画の相手を紹介することは応募された企画の採択を保証するものではありません。また、紹介を求める場合は応募締め切りに対して十分な時間的余裕を持って行ってください。)
・ 地域研究コンソーシアム加盟組織に所属する研究者または実務者をアドバイザーとして企画に加えてください(企画責任者を兼ねてもかまいません)。アドバイザーには、応募申請書の作成はもとより、会計をはじめとした事務運営の実際について適切な助言を期待します。アドバイザーが見つからない場合には相談してください。

■ 応募申請書に記載する所定事項
下記の所定事項を記入した応募申請書をメールへの添付ファイルにより提出してください。応募書類はとくに書式を設けません。
 (1) 企画名
 (2) 企画責任者の氏名、所属先、職名
 (3) 企画責任者連絡先(住所、電話、FAX、E-mail)
 (4) 企画の概要(講義題目や対象者を含む。1200字以内)
 (5) 実施予定時期
 (6) 実施予定場所
 (7) 経費(費目ごとに分けて予定を記載してください。)

■ 採択基準
 (1) それぞれの大学、研究機関、実務機関の長所を生かし、連携、交流を促すことが見込まれること。
 (2) 企画の内容が斬新であること。
 (3) 地域研究の発展に貢献することが見込まれること。

■ 申し込み先
 地域研究コンソーシアム事務局(kenkyukoryu[at]cias.kyoto-u.ac.jp)
 メールの件名に【JCAS共同企画研究への応募】と記載してください。

■ 応募期間
 募集2014年7月31日(木)(必着)

■ 結果通知
応募書類を地域研究コンソーシアムの研究交流促進部会および運営委員会で検討審議し、秋募集の場合は2014年7月中に企画責任者に採否を連絡します。採択の場合、実施に必要な事務連絡はあらためて地域研究コンソーシアム事務局から行います。なお、採否についての問い合わせは受け付けません。

過去のワークショップ・セミナー


ASEAN・中国19億人市場の誕生とその衝撃(2010年11月3日、愛知大学)