JCASイメージ画像

地域研究イベント情報

 地域研究に関するワークショップやシンポジウム等の研究集会、一般講演やセミナー、その他各種イベント情報を広く掲載します。

最新の記事

タイトル 創立30周年記念第31回ユーラシア研究所総合シンポジウム開催「ロシア人のくらしの今」
開催場所 聖心女子大学4号館(旧JICAビル)3階のブリット記念ホール(例年の会場とは異なりますので、ご注意下さい)
開催時期 2019 年 07 月 13 日 13 時 00 分 から 2019 年 07 月 13 日 17 時 30 分 まで
概要 ユーラシア研究所は、今年、創立30周年を迎えました。総合シンポジウムは、31回目になります。2019年のテーマは「ロシア人のくらしの今」です。体制転換から四半世紀以上を経過し、政治や経済の仕組みも人々の生活もすっかり変わりました。日本では、ロシアの政治や経済などに関わるニュースは時々見聞きすることはあっても、ロシアの人々のくらしに関する情報に触れる機会はなかなかありません。ひょっとしたら、私たちのロシアに対するイメージは昔のステレオタイプのままで、現実とは大きくかけ離れてしまっているかもしれません。

そこで、今回は、まさに四半世紀以上にわたり日ロビジネスに従事し、数え切れないほど何度も日本とロシアを往復し、そしてまた日本の地で働いているドミートリー・ヴォロンツォフさんを特別ゲストにお招きし、日本人がロシアに対して抱いている誤解、またロシア人が日本に対しいて抱いている誤解について、ご自身の経験を通して語って頂きます。

次に、五十嵐徳子さんには、現地でのアンケート調査やインタビューをもとに、ロシアにおける「男性らしさ」や「女性らしさ」、あるいは労働や家庭に対するロシアの人々の意識について論じて頂きます。 くらしを支える重要な物質的基礎は、なんと言っても住宅です。そこで、道上真有さんには、住宅事情という視点からロシア人のくらしの変化について概観して頂きます。 司会の貝田真紀さんは、ロシアの市民社会を研究テーマにしている若い研究者です。きっと興味深い議論を引き出して下さるでしょう。
また、シンポジウム後、ユーラシア研究所創立30周年を記念して懇親会を行います。講師の皆様とも親しくお話しできる場ですので、参加希望の方は、下記の要領にてお申し込みをお願い致します。
タイトル 「海外学術調査フェスタ」ポスター発表募集のご案内
開催場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
開催時期 2019 年 07 月 06 日 10 時 30 分 から 2019 年 07 月 06 日 17 時 20 分 まで
概要 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、2019年7月6日(土)に「海外学術調査フォーラム」を開催します。
本フォーラムは、科研費の海外調査にかかわる研究者を中心に、全国の研究者が、個別の学問分野を越えて、海外調査にともなう様々な情報交換や交流を目的に開催するもので、そのなかで「海外学術調査フェスタ」と名付けたポスター・セッションの機会を設けています。


つきましては、以下のように、ポスター展示の企画を募集いたしますので、皆さまのふるってのご応募をお願い申し上げます。
本フォーラムは、個別のフィールド調査で豊かな経験を積まれた研究者、新たなフィールド調査に臨まれようとする研究者、近い将来フィールド調査研究を計画されている研究者などによる情報交換や交流、研究ネットワークの構築をおこなう場です。


今回は、より多くの方に展示内容を見ていただけるよう、全体会議の後に、発表者の紹介の場を設ける予定です。
科研費などに基づく研究成果を多分野の研究者に向けて公開する場、あるいは、複数の領域や地域をまたぐ新たな研究領域の提案や共同研究の呼びかけの場として、この機会をご活用いただければ幸いです。
タイトル 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター2018年冬期国際シンポジウム「帝国・ブロック・連邦にそびえる言語 1918-2018」
開催場所 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター大会議室(403)
開催時期 2018 年 12 月 13 日 09 時 30 分 から 2018 年 12 月 14 日 18 時 30 分 まで
概要 -
タイトル 第18回ラテンアメリカ研究講座「京都外国語大学ラテンアメリカ研究所の現在(いま)」
開催場所 京都外国語大学 国際交流会館4階 会議室
開催時期 2018 年 12 月 07 日 15 時 40 分 から 2018 年 12 月 08 日 16 時 30 分 まで
概要  京都外国語大学ラテンアメリカ研究所の前身であるメキシコ研究センターが設立されてから、今年で38年になりました。
 今回の研究講座は、研究所の研究員全員が参加し、それぞれの関心・成果を具体的に発表することにより、まずは私たちがこの新たなるスタートラインに立っていることを内外に発信することを目的としています。
 より充実した学術機関として歩み始めた「京都外国語大学ラテンアメリカ研究所の現在(いま)」を、是非ご覧ください。
タイトル 京都外国語大学ラテンアメリカ研究所講演会
開催場所 京都外国語大学 1号館6階 162教室
開催時期 2018 年 10 月 20 日 16 時 30 分 から 2018 年 10 月 20 日 18 時 00 分 まで
概要  この度京都外国語大学ラテンアメリカ研究所では、金子明メキシコ国立人類学歴史学研究所チアパス研究センター主任研究員をお迎えし、講演会を開催いたします。
 金子明氏は、長年にわたりメキシコ合衆国チアパス州において考古学的研究に従事してこられました。メキシコ考古学の主流をなす大規模発掘(Excavación monumental)の実際を、古典期マヤのヤシュチラン遺跡の西アクロポリス(1989-1991)、およびソケ文化の巨石都市イグレシア・ビエハ(2003-2017)調査を例として、豊富な写真を使って具体的に紹介していただきます。