JCASイメージ画像

地域研究イベント情報

 地域研究に関するワークショップやシンポジウム等の研究集会、一般講演やセミナー、その他各種イベント情報を広く掲載します。

最新の記事

タイトル 第43回アジア経済研究所発展途上国研究奨励賞 表彰式・受賞講演
開催場所 ハイブリッド形式(アジア経済研究所C21会議室およびオンライン(Zoomウェビナー))
開催時期 2022 年 07 月 01 日 14 時 00 分 から 2022 年 07 月 01 日 15 時 30 分 まで
概要 「アジア経済研究所発展途上国研究奨励賞」は、途上国・新興国に関する社会科学およびその周辺分野の調査研究水準の向上と研究奨励に資することを目的として、昭和55(1980)年度にアジア経済研究所が創設したものです。今年度(2022年度)は次の2つの作品を受賞作品として選定しましたので、下記のとおり、表彰式ならびに講演を開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

受賞作品
『国家の「余白」メコンデルタ 生き残りの社会史』(京都大学学術出版会)
著者: 下條尚志 神戸大学大学院国際文化学研究科准教授

『緑の工業化 台湾経済の歴史的起源』(名古屋大学出版会)
著者: 堀内義隆 三重大学人文学部准教授

お申込み方法(オンラインでの参加)
以下のURLにアクセスしてお申込みください。
https://www.jetro.go.jp/customer/act?actId=B0061266X

お申込み締め切り
2022年6月29日(水曜)13時00分
※ただし、配信可能人数に達した場合、事前に締め切らせて頂きます。
タイトル アジア経済研究所オンライン講座『アジア動向年報2022』刊行記念セミナー―東アジアの政治動向と見通し
開催場所 オンライン(Zoom ビデオウェビナー)
開催時期 2022 年 06 月 20 日 14 時 00 分 から 2022 年 06 月 20 日 15 時 45 分 まで
概要 2021年、韓国では、4月のソウルや釜山の市長選挙で勝利した最大野党「国民の力」の勢いが増す中、翌年の大統領選に向けた動きが本格化し、与野党候補者や親族のスキャンダル合戦が繰り広げられました。2022年4月の大統領選では野党候補者の尹錫悦が当選し、新政権がスタートしています。新政権には世代間、都市・農村間、所得階層間などの亀裂解消が求められています。

一方、香港では、中国共産党の存在感が目に見えて増した一年となりました。民主派勢力への政府による弾圧が強まり、政界から民主派が一掃され、30年以上続いた民主化が事実上の終わりを告げました。今後、さらに中国式の統治が強まることが予想されます。

本講座では、韓国、香港の2021年の政治動向を踏まえ、現状と今後の見通しについて解説します。皆様のご参加をお待ちしております。

お申込み方法
以下のURLにアクセスしてお申込みください。
https://www.jetro.go.jp/customer/act?actId=B0061176X

お申込み締め切り
2022年6月16日(木曜)13時00分
※ただし、配信可能人数に達した場合、事前に締め切らせていただきます。
タイトル アジア経済研究所オンライン講座『アジア動向年報2022』刊行記念セミナー―アフガニスタン、ミャンマーの政治動向と見通し
開催場所 オンライン(Zoom ビデオウェビナー)
開催時期 2022 年 05 月 31 日 14 時 00 分 から 2022 年 05 月 31 日 15 時 30 分 まで
概要 2021年、アジアの2カ国では政治の不安定化により治安が急速に悪化しました。アフガニスタンでは、4月にアメリカが駐留米軍の撤退を当初予定の5月から9月に延期すると発表して以降、ターリバーンが全土で勢力を強め、次々と主要都市を手中に収めていきました。そして8月中旬、首都カーブールがターリバーン制圧下に入る中で、多数の市民がカーブールからの脱出を図る事態となりました。一方、ミャンマーでは2021年2月に軍事クーデタがおこり、市民による抗議デモを国軍が力でねじ伏せようとする中、反クーデタ勢力と国軍の対立が先鋭化し、内戦が拡大して多くの犠牲者が発生しました。国軍が政府機構を支配する一方、反クーデタ勢力は「国民統一政府(National Unity Government、NUG)」を発足させ、二つの政府が並行して存在する、不安定な状態が続いています。

本講座では、ミャンマー、アフガニスタン2カ国の2021年の政治動向を踏まえ、現状と今後の見通しについて解説します。
皆様のご参加をお待ちしております。

お申込み方法
以下のURLにアクセスしてお申込みください。
https://www.jetro.go.jp/customer/act?actId=B0061021L


お申込み締め切り
2022年5月27日(金曜)13時00分
※ただし、配信可能人数に達した場合、事前に締め切らせていただきます。
タイトル 第20回ラテンアメリカ教養講座「本の向こうにみえてくるもの:ラテンアメリカ文学の愉しみ」をオンライン開催
開催場所 Zoomによるオンライン形式 ※事前申し込み制・参加費無料
開催時期 2022 年 06 月 07 日 18 時 00 分 から 2022 年 07 月 05 日 19 時 00 分 まで
概要 ラテンアメリカ世界に足を踏み入れた者は、日本とのあまりの違いに驚き、またそれが故に強烈なその魅力の虜になってしまう。今回の教養講座では、ラテンアメリカ世界が生んだ「文学」に焦点を当て、これに魅せられた研究者にその想いを熱く語っていただく。近年ラテンアメリカ文学作品の翻訳や研究書が多く書店に並ぶようになっているのは、やはりそれがこれまで慣れ親しんできた文学とは趣を異にし、そこが面白く、また学ぶところが多いからに違いない。なぜラテンアメリカ文学に魅せられたのか、なぜそれほど面白いのか、そして手に取った本の向こうに何が見えてくるのだろうか、そして何より日本にいる私たちにとって、それは何を意味しているのだろうか。単に翻訳された作品を手にしただけでは分からない、しかしとても大切なそのような私たちの問いかけを、講師の先生方にご自身の体験と研究をもとにお話しいただき、ラテンアメリカ文学に親しむきっかけになればと思うのである。
タイトル 東京外国語大学AA研「Fieldnet」リニューアルとメンバー登録募集のお知らせ
開催場所
開催時期 2022 年 04 月 27 日 00 時 00 分 から 2022 年 05 月 17 日 00 時 00 分 まで
概要 この度、アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)が提供する、フィールド・ワーカーのためのウェブサイト「Fieldnet」をリニューアルしました。この機会に是非ご覧いただき、広報や情報収集にお役立てください。

Fieldnetサイトではフィールドワークに関わる研究イベントの告知や報告、公募・募集、出版等の情報をメンバーの皆様から募り掲載するほか、メンバー紹介ページ、特設ページ「COVID-19とフィールド・ワーカー」を公開しています。
■新ウェブサイト
https://fieldnet-aa.jp/

Fieldnetに登録すると、研究イベントの告知や出版等の情報をサイトに投稿できます。また、その概要は月1回メールマガジンでもメンバーに配信されます。

メンバー登録がまだの方はこの機会に、ぜひご登録をお願いします。所属の有無にかかわらず、フィールドワークを行う研究者の方であればどなたでもご登録いただけます。院生の方々の登録も歓迎します。
■新規メンバー登録はこちらから
https://fieldnet-aa.jp/contacts/member-regist.html
■メールマガジン(お試し号)
https://fieldnet-aa.jp/mailmagagine/120.html 

Fieldnetは、日本国内外でフィールドワークを行う研究者が分野や所属をこえて幅広く参加し、フィールドや研究上の情報を共有することで、互いの知をむすぶネットワークとして機能することをめざしています。より多くの皆様にご活用いただけますと幸甚です。